ホーム / 学科の紹介 / 研究室・教員 / プラズマエネルギー分野

プラズマエネルギー分野(核融合エネルギー制御分野/水内研究室)

エネルギー媒質である高温プラズマを扱うためには、プラズマの物性を物理的・工学的に解明していくことが重要です。私たちは、磁場による高温プラズマの閉じ込め、核融合エネルギー制御とその安定化、熱・粒子・不純物の制御、高温プラズマの応用など、プラズマエネルギーの制御に関する知識・技術の開拓とそれらの体系化を目指しています。特に、高温プラズマの生成・加熱・動特性の計測・制御、プラズマと固体の相互作用などの実験・理論解析により、未知の領域が広いヘリカル型磁場配位の閉じ込め特性の基礎的解明を進めています。

教員

水内 亨 ( Tohru MIZUUCHI )

教授(エネルギー理工学研究所)

研究テーマ

磁場に閉じ込められた超高温プラズマならびにその周辺の境界プラズマの挙動解明とその制御法の開発。

連絡先

〒611-0011 宇治市五ヶ庄 京都大学 エネルギー理工学研究所

南 貴司 ( Takashi MINAMI )

准教授(エネルギー理工学研究所)

研究テーマ

連絡先

小林 進二 ( Shinji KOBAYASHI )

助教(エネルギー理工学研究所)

研究テーマ

連絡先

研究テーマ・開発紹介

  • ヘリオトロンJ装置による高温プラズマの閉じ込め制御
  • ヘリカル磁場構造の研究
  • プラズマ閉じ込め領域周辺部のプラズマ制御
  • ヘリカル装置におけるダイバータ構造の最適化基礎研究
  • 電子サイクロトロン波によるプラズマ生成・加熱制御
  • 高速中性粒子入射によるプラズマ加熱制御