ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 「マルチキャリア変調信号を用いた広帯域アンテナ近傍界高速測定システム」の開発に成功

「マルチキャリア変調信号を用いた広帯域アンテナ近傍界高速測定システム」の開発に成功

掲載日:2018/06/11

本学科の原田博司教授、水谷圭一助教らのグループは、アンリツ株式会社と共同で「マルチキャリア変調信号を⽤いた広帯域アンテナ近傍界⾼速測定システム」の開発に成功に成功しました。詳細はこちら