大阪科学賞

掲載日:2011/10/04

本学科の木本恒暢教授が炭化珪素パワー半導体に関する先駆的研究の業績で第29回大阪科学賞を受賞しました。なお、過去に本学科の野田進教授もフォトニック結晶に関する先駆的・独創的研究の業績で第22回大阪科学賞を受容しています。