ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 電子のスピン機能を用いて半導体デバイス中の廃熱を電気信号に再利用することに成功

電子のスピン機能を用いて半導体デバイス中の廃熱を電気信号に再利用することに成功

掲載日:2018/05/07

本学科の白石誠司教授、安藤裕一郎特定准教授らは、TDK株式会社、大阪大学と共同で、電子のスピン機能を用いて半導体素子中の廃熱を電気信号に再利用することに成功しました。詳細はこちら