ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / ワット級高出力フォトニック結晶レーザーを世界に先駆けて実現

ワット級高出力フォトニック結晶レーザーを世界に先駆けて実現

掲載日:2014/04/15

本学科の野田進教授と浜松ホトニクス株式会社らのグループは、次世代型半導体レーザー光源とも言うべき、フォトニック結晶レーザー素子の開発を進め、狭放射角(3度以内)を維持したまま、光出力1.5ワットというワット級の室温連続動作に世界で初めて成功しました。