ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 栗田修平君(大学院生)、河原大輔准教授、黒橋禎夫教授の論文がACL2017 Outstanding Paperに選定

栗田修平君(大学院生)、河原大輔准教授、黒橋禎夫教授の論文がACL2017 Outstanding Paperに選定

掲載日:2017/08/02

情報学研究科知能情報学専攻の大学院生 栗田修平君、河原大輔准教授、黒橋禎夫教授の論文「Neural Joint Model for Transition-based Chinese Syntactic Analysis」が国際会議ACL2017においてOutstanding Paperに選定されました。詳細はこちら