ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 小野寺教授らのグループがIEEE ICMTSでBest Paper Awardを受賞

小野寺教授らのグループがIEEE ICMTSでBest Paper Awardを受賞

掲載日:2017/03/30

A.K.M. Mahfuzul Islam氏(東京大学助教)、中井辰哉君(小野寺研)、小野寺教授が国際会議ICMTSで行った発表“A Statistical Modeling Methodology of RTN Gate Size Dependency Based on Skewed Ring Oscillators”でBest Paper Awardを受賞しました。