ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 大谷康介君が電気学会令和2年優秀論文発表賞を受賞

大谷康介君が電気学会令和2年優秀論文発表賞を受賞

掲載日:2021/05/27

大谷 康介君(小林研究室・現修士課程2回生)が、電気学会マグネティックス/マイクロマシン・センサシステム合同研究会において発表した論文「ハイブリッド型光ポンピング磁気センサを用いた脳磁図の多チャンネル同時計測」に関して、電気学会令和2年優秀論文発表賞(基礎・材料・共通部門表彰)を受賞しました。詳細はこちら