ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 新たなフォトニック結晶構造を用いて半導体レーザーの高輝度化に成功

新たなフォトニック結晶構造を用いて半導体レーザーの高輝度化に成功

掲載日:2018/12/20

野田進教授、吉田昌宏博士課程学生、メーナカ デ ゾイサ講師、石崎賢司助教、河崎正人研究員らの研究グループは、独自の「2重格子フォトニック結晶」共振器を用いて、半導体レーザーの高輝度化(=高出力・高ビーム品質動作)に成功しました。詳細はこちら