ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 左巻きDNAの2重らせん構造の直接可視化に成功

左巻きDNAの2重らせん構造の直接可視化に成功

掲載日:2019/05/17

本学科の山田啓文教授らのグループは、液中において動作する原子間力顕微鏡(AFM)を用いて、通常の右巻きDNA(B-DNA)とは異なる特殊な左巻きDNA(Z-DNA)の高分解能構造観察に成功し、さらに左巻きDNAの帯電状態(表面電荷密度)は、右巻きDNAに比べて小さくなることを見いだしました。詳しくはこちら