2回生向けサマーキャンプ報告

2018_SC2_poster

概要

今年度2回生向けサマーキャンプでは、Arduinoを使ってライントレーサを製作しました。初心者でも親しみやすいArduinoについての導入から始め、電子工作とプログラミングを組み合わせて3日間でオリジナルのライントレーサを作り上げ、最終日には3人一組のチーム対抗リレーを行いました。

Arduinoについてはこちらから(Arduino公式サイトに飛びます)。

開催概要

【日程】 2018年9月24日〜9月26日 の3日間

【場所】 総合研究9号館(工学部旧3号館) N1講義室(機体製作)/総合研究8号館 NSホール(競技)

今年度は13名の2回生が参加してくれました(競技参加は11名)。

競技内容

競技概要

3人一組でチームを組み、Arduinoを使ったライントレーサによるチーム対抗リレーを行いました。

全3区間からなるコースを、LEDとフォトディテクタを用いた通信によってバトンを繋ぎながらゴールを目指します。各チームは2回走行し、ベストタイム・区間ポイントの合計を競います。

finalmatch_course1

 finalmatch_course2

finalmatch_course3

レギュレーション

バトン

バトンは赤外線通信を想定(可視光通信も可)。

  1. 後走者は区間スタートラインで待機
  2. 前走者がバトンゾーンを検知、赤外線LEDを点灯
  3. 後走者が照射された赤外線を受信しスタート

後走者がバトンを受け取らない場合リタイア扱いとなる(ただし区間評価のため、それ以降の区間走行者は個別に走行、区間賞エントリー可)

 regulation_baton

 

ライントレース

コースからはみ出した場合、1マス前からリスタート(ペナルティあり)。

区間完走が困難と判断した(された)場合、リタイアとなる。その区間のタイム・ポイント・ペナルティは破棄され、区間賞エントリー不可。 

 

コース

コースは全3区間からなり、各区間でトレーサに要求される内容が異なる。

  • 第一区間:ラインの正確なトレースが要求されるコース。コース周りに障害物が設置されており、それに触れたり倒したりするとペナルティとなる。
  • 第二区間:チェックポイントの検出が要求されるコース。3色のLEDが設置されており、検知出来ればポイントが加算される。
  • 第三区間:一直線で速度を競うドラッグレースのコース。ゴールマーカで停止出来なければペナルティとなる。

 

regulation_section1
第一区間
regulation_section2
第二区間
regulation_section3
第三区間

 

ポイント加算要素

基本コース・ラインに対し、色違いのコース・ラインを部分的に選択可能。マットごとにポイントを加算(マットやラインの色によって加算ポイントが異なる)。

マット ライン 加算ポイント
ホワイト ブラック 0(基本コース)
アイボリー ブラック
ブラウン ブラック
ホワイト グレー
グレー ブラック
ブラック ホワイト

チーム

各個人でコース走破タイムを競う予選の順位に基づき編成(3人一組、欠員はTAから補充)。

チーム名 メンバー
online online

太田慎一

三上杏太

竹内一至(TA)

teamthree Team three

KIM YONGMIN

馬場達也

三上悠介

teamname チーム名

神谷君斗

佐々木眞帆

村山真大

lambda ラムダ

岡本尚之

片桐光陽

坂本一

写真

photo1

photo2

photo3

photo4

photo5

photo6

photo7

photo8

photo9

photo10

 

コンテスト結果

岩壁特別賞

Team three

優秀賞

チーム名

区間賞

第一区間:坂本一

第二区間:太田慎一

第三区間:片桐光陽

アイデア賞

三上杏太

コードレビュー賞

岡本尚之

 

皆さんおめでとうございます。

また、参加者、スタッフ含め、3日間本当にお疲れ様でした。

スタッフ

教員

廣本先生(佐藤高史研)

奥田先生(引原研)

TA

仲代(野田研D1)

鐘ヶ江(木本研M2)

新(佐藤高史研M2)

三宅(佐藤高史研M2)

山田(守倉研M2)

大津(守倉研M1)

三熊(守倉研M1)

小野(佐藤高史研B4)

片山(石井研B4)

竹内(黒橋研B4)

清水(守倉研B4)

連絡先

※サマーキャンプはほとんどを学生によって企画・進行しています。サマーキャンプを経験された皆さん、このページをみて気になった学生さん、TAに興味のある方はぜひご連絡ください。

summer-camp-2 ∞ kuee.kyoto-u.ac.jp

(∞をアットマークに変更してください)