ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 界面で流動性を失う水分子の直接可視化に成功

界面で流動性を失う水分子の直接可視化に成功

掲載日:2019/03/29

本学科の山田啓文教授らのグループは、液中環境下で動作する原子間力顕微鏡(AFM)を用いた3次元フォースマッピング法により、炭酸カルシウム結晶の表面において、分子レベルでの水和構造の 直接可視化に成功し、カルシウムイオン上の水分子の流動性が局所的に低くなる(粘性が局所的に高くなる)ことを世界で初めて実験的に見いだしました。詳しくはこちら