ホーム / 学科の紹介 / 研究室・教員 / 先進電子材料分野

先進電子材料分野(藤田研究室)

それが私たちの主張です。

半導体・デバイス技術は、わたしたちに豊かな暮らしを与えてくれています。 しかし、ひたすらに高度の性能を求めることと並行して、 地球への優しさをもった材料技術の発展を図る必要があります。 さらに、新しい材料技術をもって、地球環境の保護に活用してゆくことは わたしたちの使命です。

  • ヒ素(As)やリン(P)のように毒性 の強い元素を含まない、 安全な元素に支えられた半導体材料を開発することが必要です。 あるいは 稀少元素(レアメタル) といわれるインジウム(In)、ニッケル(Ni)、ビスマス(Bi)等を大量に必要とする材料は、 いくら良い性能が得られても将来にわたる不安があります。 このような稀少金属をあまり必要としない材料開発が必要です。 わたしたちはこのような材料を Green Materials と呼び、研究の第一の方向ととらえています。

  • 半導体の 製造には莫大なエネルギーが必要です。 毒性の強い危険な原料を使う必要があります。 できるだけ環境に優しい技術で半導体を製造できるようにしないといけません。 わたしたちはこのような製造技術を Green Chemistry と呼び、研究の第二の方向ととらえています。

  • 半導体をはじめさまざまな薄膜の応用分野として、 今後の地球環境の保護に貢献するデバイス開発は重要です。 太陽電池、パワーデバイス、燃料電池、固体リチウム電池、省電力論理デバイス、 等がその例です。 Green Chemistry で実現した Green Materialsにより、 Green Applicationを目指すことが、 わたしたちの研究の第三の方向ととらえています。

わたしたちは、このような地球環境の保護に貢献しうる立場から、 新しい機能をもつ半導体、薄膜材料の開発、 新しい薄膜作製技術の開発、またデバイス応用についての研究を行っています。

教員

藤田 静雄 ( Shizuo FUJITA )

藤田 静雄教授(工学研究科 附属光・電子理工学教育研究センター)

研究テーマ

先進機能薄膜材料, 新規成膜プロセス, 機能デバイス

連絡先

桂キャンパス ローム記念館305室
E-mail: fujitasz(あっと)kuee.kyoto-u.ac.jp

金子 健太郎 ( Kentaro KANEKO )

助教(工学研究科 附属光・電子理工学教育研究センター)

研究テーマ

連絡先

研究テーマ・開発紹介

  • 酸化物半導体の機能制御と機能創成に関する研究
  • 環境負荷の小さい成膜技術に関する研究
  • 酸化物半導体のデバイス応用に関する研究