ホーム / 学科の紹介 / 研究室・教員 / 知的通信網分野

知的通信網分野(大木研究室)

IoT(Internet of Things)、ビッグデータ、AI(Artificial Intelligence)時代において、高度なネットワーク技術の必要性がますます高まっています。当研究室は、データを収集する役割を担うスマートフォンやIoTデバイス、データを蓄積するデータセンター、そしてデータを計算処理し人々に価値をもたらすクラウドや様々なアプリケーションを相互接続するとともに、データが人々にもたらす恩恵を最大化できるような高速性、信頼性、柔軟性を兼ね備えたネットワークの研究開発を行っています。理論から実装まで幅広いアプローチで取り組んでいます。

教員

大木 英司 ( Eiji OKI )

教授(情報学研究科 通信情報システム専攻)Portrait of Prof. Oki

研究テーマ

  • 光ネットワーク、インターネット
  • ネットワーク設計・制御
  • ネットワークシステム
  • 最適化、アルゴリズム

連絡先

〒606-8501 京都市左京区吉田本町
総合研究9号館 南棟S403
E-mail: oki [at] i.kyoto-u.ac.jp

佐藤 丈博 ( Takehiro SATO )

助教(情報学研究科 通信情報システム専攻)Portrait of Sato

研究テーマ

  • 光ネットワーク
  • ネットワークアーキテクチャ
  • ネットワーク設計・制御

連絡先

〒606-8501 京都市左京区吉田本町
総合研究9号館 南棟S201
E-mail: takehiro.sato [at] i.kyoto-u.ac.jp

研究テーマ・開発紹介

1. 光ネットワーク

光デバイスからシステムまで、先進的な光ネットワーキングのテーマに幅広く取り組んでいる。特に、波長分割多重や空間分割多重を利用した光ネットワークにおいて、波長あたりのデータ伝送容量を超えるトラヒック要求や変動に対応可能なように、弾力的に波長スペクトル資源を活用する光ネットワーキング技術を、数理的アプローチを用いて研究している。

2. ネットワークのソフトウェア化/仮想化

SDN(Software-Defined Networking)技術により、物理ネットワーク上に様々なサービスの提供に適した論理ネットワークを柔軟に構成し運用することが可能となる。また、NFV(Network Function Virtualization)技術により、ネットワーク装置は汎用のハードウェア上に仮想的な機能として定義される。このような仮想化技術を導入したネットワークにおいて、トラヒック観測やユーザの要求に基づく制御を行い、数理最適化や機械学習等の手法を用いて、ネットワーク資源の利用効率化を図る技術を研究している。

3. IoTデバイス・スマートデバイスの異種混合ネットワーク

IoTデバイス・スマートデバイスの数は将来500億を超えると予想されており、それらの種類も多様化している。多種多様なデバイスをネットワークにより相互接続し、収集したデータを予測やシステム制御に用いるサービスが次々と登場している。このような異種混合ネットワークにおいてデバイス群を協調させ、ユーザが必要とする品質のサービスを提供する技術を研究している。

4. 高信頼なネットワーク制御

ネットワーク上に流れるトラヒックの量やデータの処理時間には不確定性が存在する。また、ネットワーク上のノードやリンクには故障が発生する可能性がある。これらの状況下でも継続的にサービスを提供できるように、ネットワークや計算機の資源割り当てを決めておく必要がある。数理最適化の手法を用いたモデル化、アルゴリズム設計、および実証実験等を行っている。

Vision of Oki Laboratory (2017)