ホーム / 学科の紹介 / 研究室・教員 / エネルギー光物性分野

エネルギー光物性分野(エネ研:ナノ光科学分野)

持続的に発展可能な社会の実現に向けて、社会受容性の高いエネルギー生成・利用・変換に資する研究の重要性がますます増しています。本研究室では、「ナノサイエンスに立脚した光科学の学理追求とそのエネルギー応用」を目標に掲げ、物性物理・物質科学・デバイス工学を基盤として研究を進めています。特に、将来の光エネルギー応用に向けて、従来の延長線上にはない「極限ナノ物質」、「量子光物性」、「デバイス機能」などの新しい要素をエネルギー研究に取り入れる事が必要不可欠となっています。我々は、わずか原子数層の薄さのカーボンナノチューブ・グラフェンや原子層物質などの極限ナノ物質を対象に、そこで発現する特異な量子光学現象とその背景にある物理の理解を通して、高効率な太陽電池の実現など新しい光科学やエネルギー科学の地平を目指して研究を展開しています。

教員

松田 一成k_matsuda.png

教授(エネルギー理工学研究所・エネルギー機能変換部門)

研究テーマ

極限ナノ物質における光科学, エネルギーデバイス応用

連絡先

宇治キャンパス 本館 M-550E
E-mail: matsuda (at) iae.kyoto-u.ac.jp

宮内 雄平y_miyauchi.png

准教授(エネルギー理工学研究所・エネルギー機能変換部門)

研究テーマ

ナノ物質における光・電子・熱エネルギー変換の物理と応用

連絡先

宇治キャンパス 本館 M-544E
E-mail: miyauchi (at) iae.kyoto-u.ac.jp

篠北 啓介k_shinokita.jpg

助教(エネルギー理工学研究所・附属エネルギー複合機構研究センター)

研究テーマ

二次元物質の超高速現象、非線形光学応答

連絡先

宇治キャンパス 本館 M-545E
E-mail: shinokita.keisuke.4r (at) kyoto-u.ac.jp

 

現在、研究を行っているテーマは以下の通り。

[1] 極限ナノ物質(カーボンナノチューブ・原子層物質)の光科学:

新たな量子光学現象の舞台となるカーボンナノチューブ、グラフェンを超える原子数層からなる原子層物質における光科学

 

図2.png

 

 

[2] 光物性物理とバレースピンフォトニクスへの応用:

新しい物理自由度である原子層物質中のバレースピンの理解と光制御、バレースピンを利活用したフォトニクス

 

図1.png

 

 

[3] エネルギーデバイス・バイオイメージング応用:

原子数層の極限的な薄さの原子層人工ヘテロ構造太陽電池デバイス、高効率フレキシブル・ペロブスカイト太陽電池デバイス、カーボンナノチューブの新しい光学現象を利用した熱光エネルギー変換デバイス・生体イメージング

図3.png