ホーム / 学科の紹介 / 研究室・教員 / エネルギー応用基礎学分野

エネルギー応用基礎学分野(土井研究室)

私たちの研究室では、21世紀のエネルギー、環境、資源問題を一気に解決することを夢見て高性能な超伝導電線の実用化を目指した研究を行っています。超伝導体は高性能であるが故に気難しく、電線の中で分子の向きをx, y, z方向とも揃えてやらなければなりません。そこで私たちの研究室ではエピタキシャル成長技術、イオンビーム、磁場などを活用した結晶方位制御技術を研究しています。最近、独自に開発した結晶方位を揃えた金属テープ上に、半導体製造技術とプラズマ、イオンビーム、レーザーなどを組み合わせた新しい成膜技術を駆使して結晶の向きを揃えた高性能超伝導電線の開発に成功しました。また、この技術は様々な分野に応用できるので、太陽電池、熱電発電素子などの研究にも取り組んでいます。

教員

土井 俊哉 ( Toshiya DOI )

教授(エネルギー科学研究科 エネルギー応用科学専攻)

研究テーマ

連絡先

堀井 滋 ( Shigeru HORII )

准教授(エネルギー科学研究科 エネルギー応用科学専攻)

研究テーマ

連絡先